土日もランチで割安!ステーキハウス磐梯の上ステーキ定食が旨い。

スポンサーリンク

「時の鐘と蔵のまち」川越は、埼玉県が誇る数少ない観光地。

私にとっては大学時代から通勤・通学経路にあり便利で好きな街。

蔵のまちの玄関口である川越駅西口駅前に、昭和51年からある老舗のステーキ屋さん「磐梯」さん。

本日ようやく訪れることができました。

ランチ定食が割安!

川越駅西口を2階から出て左下を見下ろすと、「磐梯」の看板を見つけることができます。同じビルの上には山内農場などが入っているのですぐわかるでしょう。

磐梯入口

地下B1が店なので、階段の入口にメニューと告知があります。

日曜日も平日と同じランチメニューをオーダーすることができます。

ただしランチタイムは月〜土曜日は11時〜、日曜日は12時〜となっていますので注意。

この日は日曜日12時前に着いてしまったのですが、お店に通していただきました。お肉が焼きあがる頃には店内がいっぱいになっていて、食べ終わるとすぐ違うお客が席に座るという混み具合。

さすが人気のお店。

各テーブルでステーキを焼いてくれる

ランチメニューはステーキ定食1000円(120g)と上ステーキ定食1500円(200g)の2種類。

肉はどちらもオージービーフ。値段には肉の量以外に肉の質も反映されているとのこと。

注文してすぐ、お冷と刻みネギがパラっと入ったスープがきました。透明なシンプルな塩味のスープでしたがコクがあって美味しい。

ほどなくしてシェフが食材を持ってきました。各テーブルにある鉄板でステーキと野菜を焼いてくれるスタイル。

シェフに写真を撮ることをお断りして、じっくり焼き上がりまでその過程を見守ります。

調理開始!

鉄板に瞬時に溶け出すラード。

溶け出すラード

ニンニクOKにしたので、ニンニクのスライスが鉄板の上で踊り、香ばしいニンニクの香りが食欲を誘います。

ニンニク祭り

肉はひとり一枚200g。

オージー・ビーフ200g

同行した姉の分と一緒に焼かれます。

両面に火が通る

焼き加減はミディアムと伝えしばし観察。

刻まれて焼き上がり間近かな?

この頃にはかなり芳しいステーキの香り漂う素敵な時間。

刻まれて焼き上がり間近

ステーキは焼きあがったら鉄板の保温部分に退避され、もやしやキャベツが肉汁と残りの油で焼かれます。

目の前に集められてさあ、召し上がれっと。

肉と野菜が目の前に

焼き上がりのタイミングを見て、ごはんとしじみのお味噌汁とお漬物も運ばれてきました。

ご飯と味噌汁、お漬物

着いてすぐにスープが来ていたので、味噌汁も別に来るとは思わなかった!

いくらお肉が上質なお店でもごはんの炊きあがり加減、お味噌汁の濃さに乱れがあると評価は変わってきます。でもこちらはそんな心配無用!バッチリ私好みのごはんの固さと味噌汁の塩加減♡

お肉柔らかい!これはリピートする!!

タレは醤油ダレ、辛子、ポン酢の3種類をお好みで。

ステーキのタレ

肝心のお肉ですが、オージービーフのこれまでの常識はくつがえされます。

脂っこさもなく、肉も鉄板の上でカットしてくれているのもあって余計にパクパクいけちゃう。ご年配の方でも安心の柔らかさ。

はぁ、、、美味しい!!

200gは多かったかな?と思ったけど、あっという間に完食。

ごちそうさまでした ♪

あとがき

駅近の本格的なステーキ屋さん。

なのに。

何度も何度も来ている川越で、なんで今までこの美味しいステーキを知らずにいたのか。後悔先に立たず。

蔵のまち方面とは反対の出口になりますが、川越散策の腹ごしらえにオススメです。

●●●Steak House 磐梯 =公式ホームページ=●●●

Facebookコメント